陰部 黒ずみ 対策

陰部が黒ずみの人が見るべき対策とは

デリケートゾーンが黒ずむのは、もちろんしかるべき理由と原因があります。
デリケートゾーンの黒ずみ解消のための基本について説明しましょう。

 

まずは黒ずみの原因

黒ずみの原因はデリケートゾーンの部位により微妙に異なります。
つまりVライン周辺の黒ずみは、脱毛処理や洗い過ぎが皮膚を刺激することで
メラニン色素が沈着するのが主な原因です。
Iライン周辺、つまり膣の部位に黒ずみができるのは、
生理での経血やおりもので汚れやすく、それが炎症を起こして、
メラニン色素が沈着するので黒ずみができます。

 

デリケートゾーンの汚れ

デリケートゾーンの汚れは、洗い方が不十分ということもありますが、
膣や子宮から分泌されるおりものと汗に含まれている皮脂やたんぱく質での汚れです。
またデリケートゾーンは、薄い皮膚が複雑なひだ状になっているので、
皺状の皮膚の隙間に汚れが溜まります。
ですから、正しい洗い方が黒ずみ対策では大切になります。

 

アトピーの敏感肌

アトピーの敏感肌の人のデリケートゾーンも黒ずみが起きやすいと言えます。
その理由は皮膚の炎症が保湿を妨げるからで、乾燥で痒くなり、
そこを指で掻いてしまうので、傷がついてメラニン色素が沈着します。

 

正しい洗い方

デリケートゾーンの正しい洗い方は、アンダーヘア―、陰核、大陰唇、小陰唇、
膣口、会陰、そして肛門の順序です。
石鹸は弱アルカリ性のほうが弱酸性より洗浄が強いのですが、
膣は弱酸性であることを忘れないようにしましょう。
また、石鹸そのものではなく、石鹸の泡で洗うのだということを覚えておきましょう。

 

石鹸を十分に泡立てて、その泡で先に述べた順序で洗いますが、洗うのは指先の腹です。
そして、力を入れずに、優しく、しかも丁寧に軽く洗うようにして、ぬるま湯ですすぎます。
なお、洗い方の最大のポイントは、汚れをきちんと落としながらもデリケートゾーンを刺激しないことです。